ホーム » 万年筆 » 【vol.2:プレジール】千円で買えるコスパ最強の万年筆
 

【vol.2:プレジール】千円で買えるコスパ最強の万年筆

こんにちは!エンスタ店長です。

今回の解説は「千円で買えるコスパ最強の万年筆シリーズ」の第二弾です。
(※定価ではなく、楽天などのネット通販の市場価格で千円とさせていただきます。)

過去のシリーズはこちらからどうぞ。

万年筆を使ってみたいけれど、そんなに予算はかけたくない!
という方必見の記事ですよ。

第二弾の万年筆は「プラチナ万年筆 プレジール」

それでは解説を始めていきます。

安物感のない金属ボディ

お得な価格でも安価なイメージを感じさせない金属ボディは、初心者でも安心してご使用いただけます。

また、ボディ本体には擦り傷に強い加工を施されているので、長く綺麗なままお使い頂けますよ。

ペン先もピカピカに磨かれたステンレス製で、摩耗に強い特殊合金ポイント付き。
万年筆の書き味を手軽に楽しめます。

一年インクが乾かない「スリップシール機構」

この機構、なんとキャップを閉めた状態で1年間使わなくてもインクが乾きません!
これは画期的すぎますよね!!

万年筆で良くありがちな「久しぶりに書くとインク切れだった…。」
という事態も防ぐことができますよ。

「スリップシール機構」は、プラチナ万年筆の技術の集大成として作り上げた『革新のキャップ』です。

万年筆はキャップに隙間がある作りが当たり前で、インクが乾く原因ともなっていました。

じゃあキャップを密閉したらいいんじゃない?と思いますが、今度はそれだと開閉時に「ポンピング」と云われるインクの噴き出しを起こしてしまいます。

そんな2つの課題を上手く解決したのが「スリップシール機構」なのです。
キャップを密閉しつつポンピングを起こさない特殊な機構を作り上げる事で、使い勝手良い万年筆が出来上がったのです。

老舗店の技術に感謝ですね!

さて、プレジールの解説はいかがでしたでしょうか。
初めての万年筆に大変おすすめです!
是非、チェックしてみてくださいね。






ということで、今回の解説は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

エンスタでは毎日投稿を目標としています。(努力目標です。笑)

毎日朝9時に新しい記事を投稿しますので、ぜひ読んでいただけると励みになります!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。