ホーム » 万年筆 » 【大分県】ふるさと納税で文房具を!JAPAN BLUE 万年筆
 

【大分県】ふるさと納税で文房具を!JAPAN BLUE 万年筆

こんにちは!
エンスタ店長です。

皆さんは『ふるさと納税』を活用していますか?
僕は先日、山形のシャインマスカットをふるさと納税で注文しました。
瑞々しくて美味しかったですよ〜。

今回はそんな『ふるさと納税』で見つけた文房具のお話です。

大分県の技術が詰まった万年筆
不可能と言われた金属彩色「JAPAN BLUE(藍色)」

写真からでも存分に質感が伝わってきますね。

JAPANBLUE、いわゆる藍色は日本の伝統的な色ですよね。
ジーンズなどで親しみのある身近な色ですが、実は金属に藍を彩色するのは「不可能」とまで言われているんです。
その技術を可能にして製品化したのですから、貴重なお品ですよね。

JAPANBLUE実現までの間には3つの企業が関わっています。

精密板金加工を得意とする「長尾製作所」

金属加工の技術を持っていたのは、大分県佐伯市にある株式会社長尾製作所。
九州内の精密機器分野においてトップクラスの生産能力を誇り、大口供給も可能な物づくり会社です。

長年の研究により開発した革新技術を活かし、これまで不可能と言われた「天然藍で彩色した金属素材」を生み出しました。

想いを繋いだのは地域商社(Oita Made株式会社)

その優れた技術を製品化に結びつけたのは、
地域商社「Oita Made」
大分ならでは“にこだわり、大分県の持つ歴史、自然、文化をリスペクトし、長い年月で洗練されつつ磨き上げられた技術を持つ大分の生産者に呼びかけ、大分県を代表するプロダクトを生みだし続けている団体です。

良い技術とアイデアが重なって実現されたプロダクトだったんですね。

製品化したのはセーラー万年筆

そんな技術と想いを万年筆に仕上げたのは、我らが日本の万年筆ブランド「セーラー万年筆」
創業110周年を超えてなお、あらゆる物に挑戦し続ける姿に感嘆を覚えますね。

楽天で購入できます

そんなJAPAN BLUE万年筆は、楽天で購入することができます。

お値段はなんと184,000円(2021年11月時点)
決して気軽に購入できる金額ではありませんが、人生の一本とするにはストーリーも感じることができておすすめです。

是非、一度チェックしてみてください!