ホーム » ブランド歴史解説 » 【後編】人間工学を基に作られた筆記具「LAMY Safari」
 

【後編】人間工学を基に作られた筆記具「LAMY Safari」

こんにちは!エンスタ店長です。

この記事は過去の記事の後編です。
前編はこちらからどうぞ

さて、後編ではサファリのラインナップについて解説していきます!

サファリは大きく分けて4つの筆記バリエーションがあります。

万年筆


今やカジュアル万年筆の大定番といっても過言でないほど、圧倒的なシェアを拡大した万年筆ですね。
人気の理由はなんといっても書きやすさとデザインでしょう。

小さなお子様でも親しみのある原色カラーに、コスパの良さ。

ショップによっては2,500円ほどで購入できるので、初めての万年筆に最適です!
本体にはカートリッジが付属しているので、「まずはライトに楽しみたい」という方にも大変おすすめです。

また、別売りのコンバーターを購入する事でインク吸入も可能。
この価格で両様式なんてお得すぎますよね!

ローラーボール


続いては、スムーズな筆記を実現するローラーボールをご紹介。

ローラーボールという呼び方は日本ではあまり親しみが無い言葉ですよね。
言い換えると水性インクのボールペンのことです。

インクフローが非常に良いので、筆圧が弱い方でもスラスラとした書き心地を味わうことができます。

また、デザインがサファリ万年筆とほぼ変わらないので「万年筆は手が出しにくいけれどサファリは使ってみたい」という方にも大変おすすめです!

ボールペン


万年筆、ローラーボールと続いて、次は「ボールペン」です。

上2つに比べて、ボディが若干スリムになりました。また、キャップ式からノック式に変更されています。
ノック式は筆記時にキャップを外す必要がないので、思い立った時に片手でカチッと書き始められますよね。

非常に握りやすいグリップ形状なので、長時間勉強をする全ての人々におすすめしたいボールペンです。

大きなグリップはデスクの上で転がりずらい形状なので、鉛筆からボールペンに移行する小さなお子様にも絶対おすすめですよ。

シャープペン


最後は「シャープペン」です。

ボールペン同様に、長時間筆記をする方に是非使ってほしい一本です。

また、ブランドペンの中では比較的安価に購入できるので、学生の方でも手を出しやすい筆記具です。

ご友人の誕生日プレゼントにも絶対に喜ばれますよ!
勉強のモチベーションが上がること間違いなしです。

年に一度の限定カラー


サファリには一年に一度、限定カラーが登場します。ラミーファンには毎年のお楽しみですよね!
2021年の限定カラーは復刻版の「ファースト」でした。
サファリの販売当初モデルの色ですね。

アースカラーがサファリのカジュアルさとマッチしていて魅力的です!





ということで、今回の解説は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

エンスタでは毎日投稿を目標としています。(努力目標です。笑)

毎日朝9時に新しい記事を投稿しますので、ぜひ読んでいただけると励みになります!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。