ホーム » ボールペン » 水性インクでカッコよく決めるなら、ラミーのスイフト
 

水性インクでカッコよく決めるなら、ラミーのスイフト

文房具

こんにちは!
エンスタ店長です。

今回のテーマは「LAMY SWIFT(ラミー スイフト)」です。


スイフトは、ドイツの文具ブランドである「LAMY(ラミー)」が作った「ノック式ローラーボールペン」です。
ブランド公式ページには「ドイツの精密な工業製品そのもの」とまで書かれている、質の良さがポイントの筆記具です。

カジュアルなボールペンは卒業したい、でも水性インクの書き心地の良さも止められない・・
そんな方に大変おすすめなローラーボールですよ。

デザイナーは「ウルフギャングファビアン」

ラミーといえば、各シリーズに関わったプロダクトデザイナーも魅力の一つですよね。

スイフトをデザインしたのは『ウルフギャングファビアン』
生まれは1943年、優秀な金細工職人だった彼は、後に工業デザインを勉強しその道で頭角をあらわしていきます。

1981年からは「ファビアン インダストリアルデザイン」を率いて、高い技術に裏打ちされた製品を世に送り出してきました。

非常に多くのラミープロダクトを手掛けてきた実力者で、スイフトの他には「agenda | AL-star | logo | pickup | safari | spirit | tipo」のデザインをしています。

大変な実力者ですね!
以前にサファリについて詳しくまとめた解説もございます!こちらからどうぞ。

素材は真鍮、表面をマットに仕上げた”オトナ”なローラーボール


それでは、まず素材の説明から始めていきましょう。
使用素材はブランド品にふさわしい「真鍮(しんちゅう)」

金属独特の存在感があり、筆記に確かな重みを与えてくれます。

その真鍮を塗装し、マットに仕上げることでペン全体がグッと引き締まった印象を醸し出しています。

サファリとはまた違った”オトナな雰囲気”に思わずドキっとしていますね。

デザイン性と機能性の合わさった、正に機能美

人間工学をベースに設計したサファリ同様、デザイナーのファビアン氏がこだわる機能性を盛り込んだ作りも魅力です。

まずは「グリップ部分に空いた小さな穴」


こちらはペンを握った時に指が滑らないように空けられました。

確かにマットでサラサラとした質感のペンですから、手が乾燥していると滑ってしまいそうですね。
この穴があるおかげでスムーズな筆記ができるんですね。


次に特徴的なのは、筆記をスタイリッシュに演出する「収納クリップ」です。


スイフトは筆記着にノックするとクリップが収納されます。
収納されることでペン軸がストレートな形状に変化し、筆記時の印象をスタイリッシュに演出できます。

また、クリップが収納されたことにより、デスクから転がってしまわないように「安全装置」が飛び出します。


この繊細な設計・・感動ですよね!?

流石サファリのプロダクトデザイナー、仕事が丁寧で職人魂を感じます!

限定色が数量限定で復刻!


そんなスイフトですが、実は2014年に大ヒットした人気カラー「ホワイト」が数量限定で復活しています!
工業製品のような定番カラーとはまた違った、無垢で清潔感のあるカラーがとても魅力的ですよね。

彩りで左右されない分、製品に託された機能や研ぎ澄まされた形態がよりいっそう際立つため、 「ホワイト」はラミーの”勝負色”のひとつともされているんですよ。

数量限定ですので、気になった方はお早めにゲットをおすすめします!

ぜひ、チェックしてみてください。